機能性食品とは?

文部科学省が、1980年代に決めたものが機能性食品です。美容や健康を気にする人達の間で、機能性食品が注目されています。機能性食品では、食品が有する3つの能力に着目します。栄養機能は、生命維持に必要なカロリーや、栄養素の部分です。味、香り、おいしさなどは、食事が内包している感覚機能です。3つ目は体調調節機能で、病気の予防や回復、老化の抑制や、体調を整える作用です。体調調節機能をメインにした食品が、食品の中でも機能性食品と呼ばれるものにカテゴリーされます。機能性食品を言い換えると、食べ物に含まれている体調調節機能を担う成分でつくられた食品ということになります。機能性食品は、医食同源という思想がベースです。不調になりにくく、健康的な体を保つために必要な体の諸機能を、機能性食品で助けるというものです。機能性食品という用語は、日本でつくられました。現在では、世界の様々な国で、機能性食品という概念は用いられています。機能性食品は医薬品とは異なるため、具体的な効能を書くことはできません。厚生労働省が認可している保健機能食品は、機能性食品という定義を参考に、一定の健康効果が期待できる食品として販売できるようにしたものです。どんな効果がある商品かを書きたい時には、保健機能食品としての認可を得る必要があります。

健康食品とは?

健康食品を利用する人は年々増えており、人気の商品となっているようです。たくさんの健康食品が開発され、店頭に並べられています。健康食品を使う人は老若男女にわたり、今後も増加傾向にあります。健康的な食事ができていない人は多く、健康維持に必要な栄養が足りていない人がいます。食事だけで補給が難しい栄養も多いことから、食事だけでは不足しやすい栄養を摂取するために健康食品を使う人もいます。健康のためや栄養を補助するために役立つ健康食品は、数千種類もの商品がいろいろなメーカーから販売されるようになってきました。どんな健康食品が知らないけれど、体にいいと言われているので飲んでいるという方もいます。健康食品は、健康増進に役立つもの以外にも、美容効果があるものや、痩身効果があるもの、疲労からの回復を早めるものなどがあります。生活習慣病の予防効果があるものや、肥満体質を改善するための健康食品なども販売されています。近年の、現代人の食生活では、野菜の摂取量が不足している人や、油脂を摂り過ぎている人などがあります。現代人の食の問題を解消するためには、規則正しく健康的な食事を心がけるだけでなく、不足分は健康食品で得るようにすることが、ポイントといえます。不足している栄養素を気軽に摂取できるという健康食品は、これからも、健康に気をつけたい人の多くに活用され、需要を伸ばしていくことでしょう。毎日忙しくて、栄養バランスを考えながら料理をしている時間がないという人でも、健康食品であれば手間をかけることなく、栄養を補給できます。きれいな肌であり続けたいなら、健康を意識する必要があります。健康食品を使うことで、普段の食事だけでは不足している栄養素を補給し、健康と美肌にいい影響をもたらすことが可能です。

目次

更新履歴



inserted by FC2 system